悲嘆とは

だれか大切な人がなくなったり、大切な物がなくなると、たくさんの感情がでてくるのは自然なことです。感情を感じることが弱いとか、悪いわけでは全くありません。そのように感じることを悲嘆と言います。

悲嘆には、感情だけではなく、体の反応もあります。

感情:否認(認めたくない気持ち)、怒り、悲しみ、自分を責める気持ち、罪悪感など

体: 痛み(頭痛や腹痛)、眠れない・過眠、食べすぎる・食べられない、めまいなど

その他: 集中力の低下、今まで楽しかったことが楽しめない・やれないなど

悲嘆はプロセスなので、これらの反応が強くなったり弱くなったりします。波のように感じるときも多いでしょう。ただ、その波がだんだん小さくなっていきます。

 

家族間でできる大切なこと

悲嘆を感じていると、今まで感じていた安心感や安全感がないように感じることもあります。できるだけ安心を作ることをしてみましょう。無理に話す必要はありませんが、お子さんが話をしてきたら、なるべく大人もオープンに話すといいです。ただ、大人の方が話を聴けないぐらい辛い気持ちがでてくるときもありますので、そのようなときは、正直にお子さんに伝え、他の人や専門家にヘルプを出しましょう。このようなときに誰かにサポートを求めることは、弱いことではなく、とても大切なことです。

カウンセリングでできること

カウンセリングでは、まずカウンセラーとの信頼関係が何より大切になります。失われた安心感を感じていただくことが大切だからです。そのため、定期的にセッションを設けることをお願いしています。

セッションではつらい気持ちをたくさんだしてもらいます。遊びの中で、または話をしてもらうことで、感情を解放していきます。たとえば、怒りが強いときは、クレヨンを使って感情を表現してもらって、何に怒っているのかを話してもらいながら描いてもらうと、とてもスッキリすることがあります。また、なくなった人への手紙を書いたり、その人と会話することをイメージしたり、絵(天国など)を描いたりします。

 

事例

中学1年生 女子

突然にお父さんを亡くしたEさん。心配したお母さんと一緒に来談されました。

突然に誰かがなくなったり、まわりにサポートする人がいないと、こころも体のリスクも高くなります。はじめは、認めたくない否認の気持ちが強くなります。それからだんだん、悲しみや怒りが強くなったり、罪悪感、後悔などが強くなっていきます。プロセスが進むと、受容の気持ちがでてきて、新しい生活に順応していきます。悲嘆はプロセス(過程)なので、感情は行ったり来たりしますし、大きくなったり小さくなったりします。長い年月が必要な方もいらっしゃいます。

Eさんは、初回面談から自分の気持ちを話すことに長けていました。突然いなくなったお父さんへの怒り(これはとても自然な感情です)、自分がもっと何かできたのではないかという罪悪感(これもとても自然な反応です)、そのような気持ちをたくさん語ってくれました。

たくさんの感情をだした後でのセッションでは、お父さんが今どんなところにいるのか想像してみて、絵を描いてみたり、なくなった後の世界についても話をしたり、お父さんとの思い出もたくさん語りました。お母さんと一緒のセッションをすることによって、お母さんの安心感もでてきました。

今は落ち着いて生活を送っています。

大人の方(50代女性)

Fさんは、長年Fさんのお母さんの介護をしてきました。もともと、Fさんはお母さんとの関係性はあまりよくなく、Fさん自身、大人になっても自分が生まれ育った環境に対しての苦しみもありました。はじめは、アダルトチルドレンについて説明をしたり、自分のインナーチャイルド(傷ついた子どもの自分)をいやしたり、絵を描くのが大好きだったので、アートワークもたくさんしました。このような中で介護も同時にできていたFさんの強さを感じます。

その中で、お母さんに対する怒りも少しずつ手放すことができました。お母さんが「かわいい」と思える瞬間もありました。お母さんに対してゆるすことはしなくてもいいから、自分をゆるすことを大切にしてもらいました。

数年後、Fさんのお母さんが亡くなりました。長年の介護も終え、Fさんは「ほっとした」という感想でした。この反応もとても自然なものです。

お申し込みまでの流れ

カウンセリングのお申し込み:無料相談(15分つき)

1.下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

2. カウンセラーより、返信いたします。

3. 継続カウンセリングの場合、無料相談にて15分ほどお話しさせていただきます。(予約制)その際に、お引き受けできるかどうかお伝えし、またカウンセリングの流れを説明させていただきます。

  • 無料相談は、LINE公式アカウントからお電話ください。
  • LINE公式アカウントは、下記をクリックしていただき、QRコードから友だち申請をお願いします。

友だち追加

  • お時間になりましたら、公式アカウントからお電話をください。(通話料はかかりません)「子どもカウンセリング晴」のメッセージを開いていただき、上に書かれている「子どもカウンセリング晴」をタップしていただくと、プロフィールページがでてきます。「通話」をクリックください。

4.お互いに同意の上、初回面談のご予約をお取りします。

5. メールにて、初回面談の書類をお送りいたします。ご記入いただき、メールでご返信をお願いしております。

6. 料金はお振り込み(ゆうちょ)になります。セッション前までにお振り込みください。

7. 初回面談(継続カウンセリング)では、今までの背景を伺います。背景をお伺いするため、60分のセッションをおすすめします。その後、カウンセリングでできることをお伝えします。ご希望でしたら、その後、定期的(毎週か隔週)なカウンセリングに進みます。お子さんのセッションの場合は、45分をおすすめします。

8. 様子が安定してきましたら、カウンセリングの頻度はあいていき、終結は話し合いで決まります。

単発(1回のみのセッション)をご希望の方は、3の無料相談と、7の初回面談は省略されますので、ご了承ください。

*オンラインカウンセリングに抵抗ある方は、対面でも可能な場合があります。静岡市に通うことができる方は、ご相談ください。

 

料金:一律

60分 13,000円(お得な回数券 4回48,000円 *1回あたり1,000円お得)
45分 10,000円(お得な回数券 4回38,000円 *1回あたり500円お得)

*単発ご希望の方は、どちらでも承ります。

*お振り込み(ゆうちょ)になります。手数料はご負担をお願いいたします。

 

開室時間

日曜日〜火曜日 祝日 お休み

水曜日〜土曜日 10時ごろから16時ごろまで(変更あり)

 

 

オンラインカウンセリングの注意点

  • ある程度安定したWIFIが必要となります。
  • パソコン、スマホ、タブレットでも構いませんが、パソコンが一番安定するようです。
  • 主にMicrosoftのTeams(チームス)を使います。ご予約いただきましたら、リンクをお送りいたします。パソコンで使用の場合、ダウンロード、ログインは必要ありません。スマホ、タブレット、MacのSafariの場合は、ダウンロードが必要となります。うまくいかない場合は、ZoomやSkypeを使うこともあります。
  • カウンセリング中はプライベートが守られるお部屋でお願いします。
  • オンラインがうまくいかなかった場合、電話に変更、もしくは日時の変更いたします。
  • お子さんのカウンセリングの場合、ある程度言語化できるようになるのが小学校3年生ぐらいになりますので、それぐらいでしたら、オンラインカウンセリングが可能です。

 

 

お問い合わせはこちらから